Raspberry PI 2 にWindows 10 IoT Core をインストール
 この頃、”IoT(Internet of Things、モノのインターネット)”というものが流行っているらしい???

 その定義はいろいろあるようだが、PCやIT機器だけでなく、さまざまな「モノ」をインターネット経由で接続し、
活用する技術の総称である感じ・・・・。


 試しに、我がラズパイにインストールした様子を書いてみました~!?






 「Windows 10 IoT Core」で検索すると多くの導入例が出てきます。

              それらを参考にインストールを実施してみます・・・。

 
       
Windows 10 IoT Core の基本

  • 「Windows 10 IoT Core」は、IoT用途に向けて開発された小型ボードコンピューター向けのOSです。
  • ほかにも「Windows 10 IoT for Mobile Devices」モバイルデバイス向けのもの。
  • より高機能な「Windows 10 IoT for Industry Devices」の3タイプがあります。

  • Windows 10 IoT Core のインストールに必要なものリスト

  • Windows 10システム(開発用のホストPCに導入し、利用)
  • Raspberry Pi 2 Model B 本体
  • 容量8Gbytes以上のMicro SDカード(Class 10以上推奨)
  • Micro SDカードに書き込むためのカードリーダー
  • 5V 1A以上の容量の電源アダプタ推奨
  • Raspberry Pi 2 Model Bに電源を供給するためのMicro USBケーブル
  • USB接続のマウスとキーボード(無線でも有線でも可)
  • HDMI対応のモニター
  • HDMIケーブル
  • 有線イーサネット接続(無線は利用できるデバイスがかなり限られているらしい~?)

  • その他・今回のテストで使用するもの
  • サーボモーター
  • 温度センサー
  • ブレッドボード
  • ジャンパーワイヤー
  • タクトスイッチ
  • LED + LED の電流制限用抵抗

  • Windows IoT Core のイメージをダウンロード

    【英語版】 Windows Dev Center
    ・・・・・・・・・・・・・・・
    Microsoft Windows デベロッパーセンター に接続し ・・・・・・
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Get Started | Windows IoT からダウンロードする。
      Get Started クリック LANケーブル ❶ インストール先ハードウエア選択
    ❷ インストール先メディアの選択
    ❸ OS バージョンの選択
    ❹ Download Dashboard ❺ Download and flash ❻ 新しいデバイスのセットアップ

    Windows IoT Core のサンプル・プロジェクト

    定番Lチカをする
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    I2Cの温度センサーを使う
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    サーボモーターを駆動する
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    *** 参考英字サイト:sitepoint-editors/Win10IoTPiDancin




    copyright 悠流里 Since: 2002.07.20.
    inserted by FC2 system